無料登録で1万円GET!?薬剤師転職サイト『お仕事ラボ』

漢方薬にも副作用がある




漢方薬は比較的安全に使用できる薬ですが・・・

どんな薬にでも当然副作用は存在します。

つまり薬は毒にもなり得る訳ですね。

日本東洋医学会が行ったアンケートでこんな結果が出たそうです。

胃腸障害
50.8%めまい1.4%
発疹19.6%のぼせ1.2%
浮腫6%血圧1.2%
薬疹3.7%頭痛1%
かゆみ1.4%附子中毒0.9%
低カリウム血症1.4%動悸0.9%

この副作用はある程度どの生薬が原因か分かっているそうで

生薬副作用頻度
大黄、芒硝、地黄、
当帰、石膏等
胃腸障害50.8%
桂皮、当帰、黄苓発疹、薬疹等24.7%
甘草グリチルリチン酸8.6%
附子アコニチン6.6%
麻黄エフェドリン5.7%

こう見ると意外と副作用は出やすいんだなと改めて勉強になります。

その中でも気を付けなければならない生薬があります。

それは甘草(かんぞう)

漢方薬のおよそ7割に含有されていると言われています。

思わぬ所で重複して服用して副作用が出るというのもある訳です。

ショ糖のおよそ150倍の甘味を有するといわれているグリチルリチン酸を多く含み,文字どおりの「甘い草」カンゾウは,洋の東西を問わず,紀元前から薬として用いられている.また,醤油や菓子,煙草などの甘味料としても大量に消費されている.

https://www.nikkankyo.org/seihin/shouyaku/03.htm

甘草は甘味料として利用されていました。

太らない甘味として健康食品やお菓子に使用されている甘草の主成分はグリチルリチン酸です。

グリチルリチン酸と言えば肝庇護剤のグリチロンや強力ネオミノファーゲンシーが薬剤師の先生方には馴染みがあるでしょうか。

甘草を内服する事により偽アルドステロン症になる事があるので注意が必要です。

アルドステロン症には原発、特発性、偽性があります。

偽性の場合はアルドステロン値が正常値にも関わらず、高血圧や浮腫、カリウム低値になります。

具体的な症状として

手足のだるさ、しびれ、つっぱり感、こわばり、力が抜ける感じ、こむら返り、筋肉痛等です

発現頻度としておおよそではありますが下記のようなデータもあります。

  • 3か月以内に発症した症例が約40%
  • 男女比は男性:女性=1:2
  • 年齢は50~80歳代が全体の80%
  • 低体重、低身長など体表面積が小さいお年寄りに起こりやすい

要するに生理機能が落ちている高齢者には特に注意が必要との事です。

甘草が含まれている有名な漢方薬と言えば芍薬甘草湯。

効果発現も早く良い薬ですが、偽アルドステロン症には注意が必要ですね。

【薬剤師限定】無料でアマゾンギフト券を3000円もらえるキャンペーン

薬剤師は忙しくて中々勉強できないですよね。
病棟業務に服薬指導、調剤業務etc・・・
勉強をしたくても日々の業務の追われているあなたにオススメのサイトがあります!


『 薬剤師のための情報サイト m3.com 』
m3.com

忙しい時間の合間に手軽に最新情報を収集できる。
もちろんスマホやタブレットにも対応!

しかも、登録は【 完全無料 】です。

KOUTYは昼休みや通勤の移動時間にスマホで活用!
最新情報は即座に業務に活かせる物ばかりで重宝しています。

登録は無料ですが下記のようなメリットがあるよ♪

薬剤師にうれしい5つのメリット
  • 最新の医療ニュースをまとめてチェック
  • m3.comでしか読めない、薬剤師や専門家コラム
  • 医薬品情報が満載
  • 商品券などと交換できるm3ポイントが貯まる
  • 薬剤師限定コミュニティで意見交換

こちらの『 薬剤師のすゝめ 』からの無料登録であれば3000円相当のアマゾンギフト券をGETできます!
この3000円で参考書を一冊購入して勉強するのもありだよね!

 登録は下記のボタン↓からどうぞ 

無料登録で3000円のギフト券をGET

薬剤師限定:2020年10月31日まで




ブログランキング参加中!クリックで応援よろしく!

シェアしてね~!

▼ワードプレスならSTROK19がオススメ▼

「薬剤師のすゝめ」は
ワードプレスで作成しています。

ワードプレスは色々テーマを選択して
カスタマイズできるのですが…

一番のオススメはSTORK19!

実際にこのブログは
STORK19を使用してますー!

\ブロガーのためのテーマ/

こちらの記事でSTORK19の魅力について書いてますので是非ご覧ください!

STORK19を選ぶ3つの理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US

NST専門療法士、漢方薬・生薬認定薬剤師
病院薬剤師の端くれ。 現在消化器科病棟、ICU病棟担当。 NST専門療法士(栄養サポートチーム)の薬剤師として活躍したり、漢方薬・生薬認定薬剤師としても活躍中。 まだまだ修行中の薬剤師ですので、もし間違えた事を記載しているのであればご指摘頂けたら幸いです。